デザイン事務所Asobi

必要ないけど、必要なもの

木材、異素材、てんてこまい。

約 2 分

㈱エコビルドの平野さんに木材×異素材の組み合わせについてお話を伺いました。
1-KIMG0392-001

現在、商品化に向けて動き出しているアルミ×アクリル×ヒノキのつみき「まてりあそび」。製作にあたり様々な問題点をクリアしていかなければならないのですが、主に木材の加工について㈱エコビルドの平野代表に相談に乗っていただきました。

まてりあそびは、異なる素材を組み合わせて一つのブロックにデザインされています。そのため、使用する木材と、異素材との接着についての話がメインになりました。木材と異素材の組み合わせは素材ごとの特性と膨張・収縮、接着剤との相性も考慮しなければならないので素材ごとの専門知識が必要となり、なかなか苦労しています。

2-KIMG0394

実際に国際玩具展で展示したモックでつみき遊びをしながら、コンセプトとポイントを詰めていきます。実際に手にとって使ってみると、企画時に気付かなかった面白さがどんどんでてきます。素材ごとの摩擦係数や表面の滑らかさも関係してくるのだなぁとしみじみしながら打ち合わせをしていました。
3-KIMG0396

一歩一歩進んでいる感じのする、「まてりあそび」。
次のステップが楽しみです。

平野代表はECOソーラーハウスという日光を利用した室内の空気を循環、排気するシステムを提案されていて、自然のチカラをそのまま利用した温度管理についても教えてもらいました。fijiでは一般家庭の屋根の上に貯水タンクがあり、太陽の熱でシャワー用に水を温めていてそのシンプルさに感動しましたが、それ以上の驚きがありました。

自然を利用した、サスティナブルな考え方。今日の木ーポイントでした。
(打ち合わせ中に、上記の失言をして時間が止まりました)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Comment On Facebook